img-1

給与計算業務の自動化のメリット

企業と従業員は労働に対する対価として給与を支払うという労働契約で結ばれています。



これはどの業種、規模の企業でも必ず行われている契約であり、給与はその企業で労働をする従業員すべてに与えられる権利です。この給与の支払い準備をすることを給与計算といいます。



これは決まった金額をそのまま従業員へ支払えばいいというわけでなく、従業員1人1人の出勤状況や有給、残業などを就業規則に照らし合わせて決定していきます。



また日本においては所得税や法人税などの税金は企業が従業員に変わって給与から控除して納めなくてはなりません。



また保険料についても同様に納める義務があります。なので給与計算をする際にはこれら規則や法律などを確認しながら1人1人異なった金額を決定してくのです。給与は毎月決められた期日までに支払わなければなりません。なので給与計算業務に携わる人はこの煩雑な作業を正確に期日までに仕上げなくてはいけないということになります。



しかし、すべてを人の手で行おうとすると非常に多くの人手と時間を費やすことになってしまいます。そこで多くの企業が給与計算ソフトを導入して、ある程度給与計算業務を自動化させています。ソフトの導入により、法改正などにもスピーディにに対応でき、計算も自動化されるので、少ない人手で業務を効率化できるメリットがあります。



しかしソフトには様々な種類があるので、導入をする際には企業の規模や戦略などをきちんと決めてから導入することがより多くのメリットをもたらす秘訣となるのです。


関連リンク

img-2

給与計算というのは少しでも効率的に

給与計算というのは、少しでも効率的にやるべきなのです。その行為自体が、営業利益に繋がるわけではありませんから、無駄に時間をかけることは費用がかかっている、と同義なのです。...

more
img-3

給与計算は間違いなく行おう

仕事をする最も大きな理由は生活を支える収入を得るという事です。その支払いがずさんであったりすると、有能な社員は他へ移ってしまう恐れが高くなるのです。...

more